最近観た映画

ジェーン・バーキンの魅力よ

あたしゃ若かりしジェーン・バーキンがすごい好きでねぇ。といいつつ『スローガン』と『ガラスの墓標』しか観たことないのでその辺りの出演作を探して観た。 『欲望』 BLOWUP (1966 イギリス/イタリア) 欲望 [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売…

『フィッシュストーリー』

フィッシュストーリー (2009 日本) 1975年に売れないパンクバンドが最後に残した一曲が、2012年の地球を救うことになる? どういうこと? …うおお、そういうことかあああ! ホントだ、救ったわ!笑 フィッシュストーリー [DVD] 出版社/メーカー: ショウゲー…

『チョコレートドーナツ』

ANY DAY NOW (2012 アメリカ) こういうことは法律だけで非情に片付けられるべきではないと思うけど、かと言って同情だけでもいけない、難しいテーマで… 観る前に想像してたのとは違う涙が出たわ。 世の中のあらゆる差別や偏見の愚かさを突き付けられる。理解でき…

『コンスタンティン』

CONSTANTINE (2005 アメリカ) やさぐれ悪魔祓いのキアヌがカッコいいが、さらにティルダ・スウィントンのガブリエルがガブリエル過ぎて目を引く!(# ゚Д゚#)ほえ~ コンスタンティン [DVD] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2005/09/02 メディア…

『ソーシャル・ネットワーク』

THE SOCIAL NETWORK (2010 アメリカ) facebook 創設時ってこんなモメとったのか…もっと明るいアメリカンドリームだと思ってた。ザッカーバーグの人物像にしても、始まってすぐ「なんやコイツ」ってなるし。けどなんか引き込まれる。役者がいいんだな。 まぁ、全…

『アップサイドダウン 重力の恋人』

UPSIDE DOWN (2012 カナダ/フランス) 二重引力という上下に分かれた世界に住む男女が禁断の恋に落ちる話。 ロミジュリ的でもそこまでの悲恋感はなくちょっと物足りなさを感じるぐらいでイマイチ入り込めんかったけど、奇抜な設定、映像美は楽しめる。 矛盾について…

『ライフ』

LIFE (2017 アメリカ) いかにもB級的なオチだったけど久びさにゲッ!ってなった。なかなかのホラーですな。 真田さん良かった! ライフ [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2017/12/06 メディア: DVD この商品を含むブログ…

『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』

SHINE A LIGHT (2008 アメリカ) もの凄い臨場感! カッコイイじじいってこういうことやね。 曲終わりにカメラ目線でふう~って息をつくチャーリー・ワッツがお茶目☆ ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト デラックス版 [DVD] 出版社/メーカー: ジェ…

『セトウツミ』

セトウツミ (2016 日本) 素晴らしき放課後の雑談。 絶妙な間とトーンと表情、二人とも巧みだなぁ〜ずっと観てられるわ。 “神妙な面持ち” がツボ。笑 セトウツミ [DVD] 出版社/メーカー: Happinet 発売日: 2016/12/02 メディア: DVD この商品を含むブログ (7…

『サマータイムマシン・ブルース』

サマータイムマシン・ブルース (2005 日本) とにかくバカバカしくて暑苦しくてでも少しキュンとして。いいですな〜大好きだわコレ。序盤は伏線ばっかで「??」ってなるけど回収され始めてからめちゃ面白い! くだらんことにハイテンションなあの頃良かった…

『シング・ストリート 未来へのうた』

SING STREET (2015 アイルランド/イギリス/アメリカ) やっぱり青春音楽映画ったらこういうの。音楽モノとして『イエスタデイ』より良かった。主人公のお兄ちゃんとか友達のエイモンみたいな脇役が光ってるのもポイント高し。 にしても、80年代のビジュアルってパンチ効い…

『夏至』

À la verticale de l'été (2000 ベトナム/フランス) ずっと前に観たやつ、夏至が近づくと思い出してた。何年か振りに観てまたグッときたな〜。とにかくビジュアルと音楽に惹かれる。緑、雨、インテリア、ルー・リード、ベトナムの歌… ストーリー的にはムム?って感…

『イエスタデイ』

Beatles (2014 ノルウェー) ビートルズになりたい少年たちの音楽映画かと思って観たけど、思春期にビートルズがいたっていう程度の青春映画だった。 思ったほどバンド感ない…、がそこに期待しなければこれはこれで良きかな〜甘酸っぱくて。主役の子ちょっとポール…

『エクス・マキナ』

EX MACHINA (2015 イギリス) 映像の美しさとは裏腹に気持ち悪い話で、最後は人類の滅びの始まりにしか思えんかった。でもAIはあくまでデータのもと合理的に動いてるだけなんよね、そう仕組んだのは人間なわけで。。。 人間と機械、男と女…いろんな意味で後引…

『フラワーショウ!』

DARE TO BE WILD (2014 アイルランド) 華やか~なお花ではなく野草を使ってデザインした庭でガーデニング大会に挑む女性の奮闘を描いた実話ベースの映画。自然保護の視点もあり、本当の美しさ、強さってこういうことだろうと、大自然の風景やそれに対するか考え方…

『ロシュフォールの恋人たち』

LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT (1966 フランス) 『シェルブールの雨傘』の続編みたいなのかと思ったら全然違って、こっちは超明るくハッピーなミュージカル。ストーリーは終盤の展開は良かったと思うけど…それよりカラフルな衣装とか港の街並みが魅力的! 音楽も…

『塔の上のラプンツェル』

TANGLED (2010 アメリカ) 高校のとき選択授業を英語にしてたんだけど、ひたすら英語のラプンツェルを訳してた記憶しかない…けど、こんな話だったっけか。 誰に聞いても面白いっていうから観てみたらホント面白かった。キャラがいい、画が綺麗、笑える、元気が出…

『ライフ・アフター・ベス』

LIFE AFTER BETH (2014 アメリカ) ゾンビ化していく彼女を愛し続けられるか。笑 ラブコメからだんだんホラーになっていく。オモロ怖かったデス。 ライフ・アフター・ベス [DVD] 出版社/メーカー: TCエンタテインメント 発売日: 2015/08/21 メディア: DVD この商…

『Dear ダニー 君へのうた』

DANNY COLLINS (2015 アメリカ) まず、1971年にジョン・レノンが新人ミュージシャンに書いた励ましの手紙が34年後に本人に届いたという実話があったということ。ドラマチック〜。 その実話をヒントに、ジョンの手紙をキッカケに人生を見つめ直し再スタートしよう…

『惑星ソラリス』

Solaris (1972 ソ連) Eテレの『100分de名著』で取り上げられてて興味が湧いて観た。 精神世界の話。こういうのは考えれば考えるほど深みにはまる…理解しきれないけど観て損はないかなと。(ハリー役だけでも観る価値ある) 惑星ソラリス HDマスター [DVD] 出…

『君の名は。』

君の名は。(2016 日本) 最近になってやっと観た。 父親の故郷が飛騨のほうなんでそのへんに興味あって観始めたんだけども、面白かった! コメディタッチの序盤から途中ガラッと雰囲気が変わりどんどん引き込まれ気づいたら感情移入してウルウル…思いのほか感…

生と死と猫

猫が出てくる映画を観ようと思って選んだ2本がどちらも生きること死ぬこと周りとの繋がり関わり合いについて描いたものだった。(原作未読) 『世界から猫が消えたなら』(2016 日本) は、逝ってしまう側の。 世界から猫が消えたなら DVD 通常版 出版社/メーカ…

『走れ!イチロー』

走れ!イチロー (2001 日本) 阪神淡路大震災から数年後、イチローがメジャーに行く直前の頃、彼に憧れ勇気づけられた人々が繰り広げる群像劇。 展開が強引であれなんだけどそれはさて置き、今観るとビックリするぐらい豪華キャストだったり、個人的にはソフ…

『ベルベット・ゴールドマイン』

VELVET GOLDMINE (1998 イギリス) ずいぶん前に観たけどまた観たくなって観た。 このあたりに詳しい人には不評みたいね。(ボウイも不快感示してたそうだし) でも私にはオープニングからラストまで当時の雰囲気にときめくたまらなく楽しい映画。だったら本物観ろ…

『アマデウス』

AMADEUS: DIRECTOR'S CUT (2002 アメリカ) 1984年のオリジナルじゃなくてディレクターズ・カットのほうを観た。 このジャケは前から気になってたけどSFアニメかなんかだと思ってたし、そもそもアマデウスってなに? 3時間もあるやん…なんてうだうだしとる場合…

『グランド・イリュージョン』

NOW YOU SEE ME (2013 フランス/アメリカ) ちょっと前に続編やってたけど1作目観てないなと。 なにしろマジックが想像を超えとった! そんなことできるの?って思わなければ、派手でスタイリッシュな世界は観てて楽しい。でもホントなんでもありだもんで途中から冷…

大泉洋映画祭(笑)

ただいま開催中なんすね。笑 「探偵3」公開記念のイベントらしいけど、主演男優賞受賞のくだり…茶番上等(≧3≦) ブハ 大泉洋映画祭って字ヅラにどうしても半笑いになっちまうがいやなかなかの企画で、大泉さんがこれまでに出演した映画の中から7作品を期間中…

『春の惑い』

小城之春 (2002 中国) 夫、妻、妻の初恋の男。3人が一つ屋根の下でそれぞれの想いにもがき苦しむ様子に息が詰まりそうだった。指の先にまで込められた感情表現が素晴らしい。 屋敷の中の緊迫感とは対照的に春の霞がかったようなやわらかい風景に和んだりも…

『ドリームガールズ』

DREAMGIRLS (2006 アメリカ) ジェニファー・ハドソンのインパクトがもの凄い! あまりのド迫力に唖然としたほど渾身の歌声で、ビヨンセも喰われ気味に思えたけど、どっこいビヨンセはビヨンセで。話が進むにつれてどんどんキレイになってカッコイイんだけど、最…

『ハドソン川の奇跡』

SULLY (2016 アメリカ) 世間の称賛の裏であんな追及があったとは。 委員会の追い込みに「いやいや、全員助かったやないか!」と思いながら観てたら…最後の展開にスカッとした~。 やはり人間の知識や経験に勝るものはないのだ。 ハドソン川の奇跡 [DVD] 出版社/…