『LUCY/ルーシー』

LUCY (2014 フランス)

『フィフス・エレメント』的なやつを期待して観たらとんでもなかった。
通常10%しか機能してない脳が100%まで覚醒していく過程で人間はどうなっていくのか、
それに尽きる話でした。
ベッソン監督のイメージではこうなんだ、っていう。
意外と哲学的だったりするし、う〜ん、覚醒60%あたりからよう分からんかったです。
ラストも友人の解説がなかったら「?」だった。
でも嫌いじゃないっす。
タフなヒロイン、バイオレンス、カーアクションはベッソン監督らしくて。
でもってヨハンソンのボディ!(オヤジ目線)
覚醒が始まった直後に母親と電話で話すシーンはグッときたな…

実際、人間の潜在能力ってどれほどのもんなのかね。