月に行く舟

とある駅で出会った男女の会話。

男:(iPodで音楽を聴いていた彼女に) 何の曲聴いてたんですか?

女:スピッツです。分かりますか?

男:ええ、結構好きです。「魔法のコトバ」とか…

女:…曲名まではちょっと。


彼女は目が不自由なのであった。
そっか、目が見えないと曲名までは分かりにくいのだ。気付かなかった。

岐阜が舞台の『月に行く舟』というドラマ。
うちの父親が高山の人だってこともあって、岐阜絡みはとりあえず観てみるべと。
そしたら思いがけずスピッツが出てきてドッキリ。
しかも主人公の男女が出会う駅が郡上八幡駅っつーね。

小さな駅で偶然出会った2人の短い恋の話。
優しいドラマでした。
恋が始まる瞬間てええなぁ〜。
(原作の北川悦吏子原さんて岐阜出身なんすね。初めて知ったわ)