ウルフルズ@名古屋!!

ウルフルズツアー2014 ONE MIND 〜あついのがすきすぎ〜
@12/22 名古屋センチュリーホール

「季節も変わって、台風で延期になったなんて今じゃ信じられへん」

うんうん、待っとったよ〜2ヵ月!
ここんとこの寒波で、今度は大雪で中止になりゃせんか気が気じゃなかったけど
あの台風で延期になった10/13の振替公演、無時開催できて良かった!
しかも会場空いてたのが、一番いいツアー終盤、ラストいっこ前て
逆にちょっとおいしい思いしたわ…

ツアー終わったけど一応
※以下ネタバレ



ステージ上段部に横一列に並んで登場した4人。
思わず「派手!!」て言ってまった。
トータスさん:オレンジ
ケイスケさん:ピンク
サンコンさん:パープル
ジョンBさん:グリーン
という蛍光色のスーツ。
おかげで曲間の暗闇でも確認できましたよ。笑


01.ウルフルズA・A・Pのテーマ
02.バンザイ〜好きでよかった〜
03.ワルツ!
♪ジングルベ〜ル が聴こえた

04.ブヤカシャー!
05.ニャーホホ (vo.ジョンB)
メンバー紹介
ケイスケさんの「(振替になって)今日来れなかった人の気持ちを憑依して楽しんでください!」が後々まで利いてて面白かった。
ト「どこの誰かも分かれへん人の気持ち背負うて。そんなんさせたげんといてよ」
ケ「じゃあ僕が全部憑依します! 変な動きしたら憑依したと思って」
その後のサンコンさんがまた「僕も憑依しまーす!」て言うもんで
ト「そこ引っ張らんでええっちゅうねんっ」

ジョンBさん愚痴る。
「ちょっと聞いてくれるぅ? 僕、本名“黒田利博”なんですけど
 今日、ケイスケさんが「黒田って下の名前なんやったっけー」って」
なんか可愛いな…
ジ「来年が年男で「としお」とか、「としゆき」それサンコンやん!
 ひどない? 僕に興味ないでしょって言ったら「全然興味ない」って…」
ケ「黒田それはな、愛や!」とスマイル。笑

06.どうでもよすぎ
07.あついのがすき
サンコンさんの超絶ドラムソロにシビレたー!!
名古屋弁で「愛しとるよ、何しとるの、会えれんなんてーつまらん!」

08.メイド イン ジャパン
衣装替えして出てきたトータスさん。
笑ったわ〜。
あれ何ですの、バ○殿様?みたいなんだけど、
羽織に電飾付いてるし、袴の引きずる部分が異常に長い。笑
振り向くとお尻の左右にまあるく穴が開いてて、生お尻が出てる! ギャハハ(≧▽≦)
曲の最後に銃を客席に向けて、メイドインジャパンのパーン!で狙い撃ち。
「さっきから撃ってるけど、全然死なへんな〜」
お客さん気づく。
「おまえ死ね! …ジャパーン! お〜(笑)いい死に方やね、85点! 誰か死にたい人〜、死ぬ? 死ぬ?」
笑ったわ〜。

09.とまらへん
10.笑えれば
ツアーもあと1本で終わりで、この曲でこの形でっていうのが終わるのは寂しいなぁって話。
ト「キャッツみたいに1000回とか演るのもなぁ」
ケ「ロングラン公演」
ト「なんや最近よう英語使うよねぇ。あれやってんの?石川遼の…スピードラーニング
ケ「あれ家にあってん。(←え) 聴いてみたけど何も変われへん」と、お手上げってな外国人風ジェスチャー
ト「出てるやん、ジェスチャーまで」真似する。
…言うてるとそこへ
客「憑依!」
場内爆笑(≧▽≦)
ト「ハハハ、外国の方が憑依してたんや!」
あそこで憑依!って叫んだお客さん、GJですな。笑

11.ど真ん中

ケイスケさん「1曲歌いまーーす!!」
12.君に捧げよう

13.ヒーロー
14.あーだこーだそーだ!
15.サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
16.ガッツだぜ!!

アンコール
17.愛してる
18.事件だッ!
19.いい女
ト「ありがとーー! またみてねーーー!!」
4人でピックやらグッズタオルやらいっぱい投げてくれる。
すると最後にトータスさん、口に含んだ水をぶーーっとタオルに吹きかけて(大量に)
え、え〜っ(゚∀゚;)
投げたよ! 争奪戦! すげ〜…


ホントはもっとね、曲以外のところが盛りだくさんでね、終わったの結構遅かった。
メンバー紹介も何回やったろう?
歩く動きに合わせてベースをボン、ボンて鳴らすネタも
ひつこいねん!てぐらいやるのがイイんだと思いました。笑
あと「嬉しいでかんわー」とか「切ないでかんわー」とか、ちょいちょい出る名古屋弁サービス。

ト「このC&R取り入れてんけど、興奮すると忘れてしまう」
“せやな、せやせや”
ト「名古屋弁で何て言うの? ほーやな、ほーだほーだ? 歯切れ悪いなー。笑」


言うまでもないが、演奏はどえらい素晴らしくカッコよかったす!!
どの曲も最高だったけど、個人的に「事件だッ!」でうぃ〜〜(≧W≦)b てなった。
「ええねん」「サムライソウル」はまた次回以降に期待! あ「バカサバイバー」と。
トータスさんは今年うま年で年男だったということで
今まで年男の年にはいいことがあったけど、今年が人生で一番いい年になった、と言っておりました。
いやー本当に良かった、凄かった。
復活して最初のツアーに参加することができて嬉しゅうございました!
ありがとーー、やっぱウルフルズええなぁ!!


湯呑み。