黒板五郎に号泣の日々

私はこれまで『北の国から』というものを
リアルタイムはもちろん再放送とかでもまともに観たことが1度もなく、
いや、ものまねやパロディならさんざん笑ってきたけど、本家のほうをよく知らんのにね。
そんな私に『北の国から』マニアの妹が「いいから観ろ!」つって貸してくれたよDVD。
連続ドラマ全24話、スペシャル8編。
んーと思いながら観始めたら…
なんとまぁ、めちゃくちゃ面白いでないのっ。
どっぷりハマってしまいました。
お盆休みから観れるときはずっと観てて、現在シリーズ大ラスの「2002遺言」を残すのみとなっとります。

大自然で暮らす一家のアットホームなドラマだと思ってたけど、
厳しさや結構ドロドロしたものもあり、でもユーモアはいつもあって、
切なくて泣いて、優しくて泣いて、北海道は美しく。
生きるってこういうことだよなぁと。
名優たちが揃いに揃ってみせてくれる。
素晴らしい人間ドラマだったんですね。

黒板五郎に泣き笑いだよもー、あの強烈キャラ。
五郎役は高倉健さんとか西田敏行さんとか候補にあがってたそうだけど
邦衛さんで良かったと心底思うわ。
誰かが落ち込んでるときに笑顔で言う「どしたのぉ」がすごい好きなんだよなぁ。
ここまでダァーっと観てきたけど、「遺言」観たいような観たくないような。