『あのひとは蜘蛛を潰せない』

主人公とは境遇も立場も違うけど共感できるところが多くて引き込まれた。
なんだろ、親近感のような近親憎悪のような複雑な気持ちになったわ。
タイトルひとつで持ってかれる、独特な表現のなまめかしさが印象的。

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)

あのひとは蜘蛛を潰せない (新潮文庫)