『ランナウェイズ』

THE RUNAWAYS (2010 アメリカ)

『笑う洋楽展』で初めてそのビジュアルを見たとき、下着姿で歌ってんのが強烈で、
このやべぇ姉ちゃんはなんだと思ったら、映画になってた。
これがガールズロックバンドの先駆けなのかぁ。
成功するも次第にメンバー間がぎくしゃくし出し、
ドラッグやらセックスやらで荒れたりっつーのはいかにもな有様だけど、
ただそれがまだ16、7の女の子だったってことに驚く。
日本で絶大な人気があり来日もしてたのね。
いゃあ、ロックの権化みたいなジョーン・ジェット、カッコいいわ。
後のヒット曲「I Love Rock 'n' Roll」は聴いたことあるけど、
この人だったんだってのもこれで知りました。
面白いねぇやっぱり、こういう映画は。

ダコタちゃんも大人になったなぁ〜。
なんて思ったら、もう1人…
シェリーの母親役の女優さん、テイタム・オニールだった!
ペーパー・ムーン」「がんばれ!ベアーズ」しか知らんから…
おっっ大人になったなぁ(°▽°;)