『キャデラック・レコード』

CADILLAC RECORDS (2008 アメリカ)

 

この映画を観てちょっとした頃にチャック・ベリーの訃報があったんだよね…

私はビートルズがカバーした曲でしか知らないけど、そのチャック・ベリーも在籍したチェス・レコード創設当時を実話をもとに描いた話。

音楽史として興味深いがとにかくエタ・ジェイムスを演じるビヨンセのむちゃくちゃな存在感、歌うシーンにシビレました。ゴージャスだわ~。「I'd Rather Go Blind」 は泣いちまった。(後でエタ本人の歌も聴いてみたけど素敵)

ビヨンセのために観てもいいかも。