在日ファンク 対バンツアー@クラブクアトロ

在日ファンク10周年まる見え対バンツアー 共演:D.A.N.
名古屋クラブクアトロ 3/4(土)


また来たよ♪ 在日ファンクのライブのオモロかっこ良さクセになっちゃって!


※以下ネタバレ





対バン相手のD.A.N.は私知らなくて予習もなしで行ったんだけども、なんか良い意味でポカンとしたっつーか、独特な歌声やスティールパンの音(意外とダンスミュージックにもマッチするんすね)が幻想的でなんともオシャレなグルーブ感、個人的に普段あまり聴かない類の音楽なので新鮮でした。ベースかっこ良かったなぁ。ん〜いろんな意味で刺激的だった。

クールなD.A.N.からガラッと雰囲気変わって在日ファンクはもう!!
1曲目の「きず」からかっ飛ばし一気に会場のボルテージアップ↑↑↑
ハマケンのシャウト、ダンスは相変わらずのキレで(ジェントルさんの妙な動きも追ってしまう)最初から最後までニヤニヤが止まらず。「爆弾こわい」みたいなノリも最高だけど「京都」「それぞれのうた」「嘘」あたりの心地良さったらない!! なんなの「嘘」のハマケンの色気…いや全体的にエロさが漂っとるよな在日ファンク。。。

祝10周年!であると同時に、このツアーをもって後関さんが脱退するということで、そのことに触れたときちょっとしんみりムード?と思いきや「根に持ってます」!!だもん。こんな形でこの曲が生きるとは思わんかったわ。笑
新曲「健やかなるときも病めるときも」も密かに「やめる」と「辞める」をかけとるらしい。(^^;)
愛がありますな。「心に赤いタンクトップ」っつー名言も飛び出し。笑
また今度ライブ行ったときブラス陣の並びに後関さんがいないのは残念だけど、次の道でのご活躍を願うばかりです。
そして、在日ファンク10周年おめでとう!
今回も相当楽しみましたが、これからも益々ファンキーにかっこ良く面白く楽しませてくだされ!!

そういや毎年なにげに楽しみにしてる東海ローカルドラマ『名古屋行き最終列車』、今年はハマケンの出演があってテンション上がったわ〜。
駅前でトロンボーンを吹き路上ライブするミュージシャン志望の男の意識過剰な勘違いに笑った。当て書きかよってぐらいハマり役で面白かったデス。
番組から花が届いてたね。