『グッバイ・クリストファー・ロビン』

 GOODBYE CHRISTOPHER ROBIN (2017 イギリス)

 

プーさんの見方がちょっと変わってしまいそうな…。作者自身の戦争によるPTSDとか息子クリストファーの苦しみとか、プーさんの世界からは想像もつかないような重い実話だった。世界中の子供たちを笑顔にできてもたった一人の息子を泣かせてしまうのはね…辛い。プーさん誕生のきっかけとなる2人で過ごしたあの数日間が父と子にとって一番幸せだったように思える。