ちばてつやさんも鬼滅

最近、浦沢直樹さんの『漫勉』が『漫勉neo』として再開してて嬉しい限り。毎回瞬きも忘れるほど見入っちゃうんだけど、ちばてつやさんの回がものすごく良かった。なんか勝手に寡黙で厳ついイメージを持ってたんだけど全然違って、優しい穏やかな方なんですね~。ちばさんほどの大ベテラン、レジェンドでもあんなに悩みながら試行錯誤の世界だもの、私なんかが漫画家になりたいなんてチラとでも思ったことが恥ずかしゅうなりますわ。デビューが少女漫画だったことにびっくりしたり、休憩時間に少年のような顔で『鬼滅の刃』を手にする場面に「おお~っ『鬼滅』読むんだ?!」ってちょっと感動したり…

 

『鬼滅』は私は漫画を読んだことがなく、アニメは1話観たときにピンとこなくて以降観てなかったんだけど、こないだテレビでやってた特別編集版を観てみたらええ泣きましたよ、まんまと。ビジュアルもカッコいいし、確かに惹きつけられるものはあるわ。ちゃっかり伊之助推しになったりして。笑

それから東海テレビでアニメの再放送が始まったもんで(日曜日の朝6時半だぜ。笑)、いま4話まで観たところだけどね、ある程度把握したうえで改めて最初から観ると可哀想で観てられん(;´Д`)てなってきて…

周りから「それでも観続けていくと面白くなってくるよ」と言われるが、泣くと分かってて観るのもツライがな…これからどんだけ泣くんやろ。

『ワンピース』のチョッパーの話で流した涙を越えるだろうか。あれ死ぬほど泣いたけど(T△T)ガオ~

 

ともあれ『漫勉』はやっぱり凄い! 面白い! ペンで描くときのカリカリ、シャッシャッていう音が心地良い!

今後、西炯子さん、惣領冬実さんが登場するみたいでめちゃ楽しみだわ~。