明治149年、クリスマス

博物館明治村(犬山)のイルミネーション「きらめき明治村」を見に行ってみた。


夕方に到着して


夜を待ったら


明治の建物が光と音楽で彩られます。幻想的だった〜☆

そもそも日本での本格的なイルミネーションの始まりは明治36年(1903年)に大阪で開催された第5回内国勧業博覧会だそうで、初の夜間開催が行われ会場を電飾した、それがどんどん進化して現代のイルミネーションに至っている、らしいっす。(モヤさま調)


教会にあったステンドグラスのクリスマスツリー。なかなか見ない感じでイイ。

明治時代にタイムスリップした気分でハイカラだねぇなんつってクリスマスを楽しんで参りました。
メリークリスマス☆